そばかすを消す サプリ

そばかすに効くサプリとは?

 

ミルセリンホワイトNKBの特徴

ミルセリンホワイトNKBは、そばかすを消す成分L-システイン、ビタミンCなどを高含有した医薬品になります。L-システインは240mg、ビタミンCは1000mg含有と他社製品、サプリなどと比べると圧倒的なものになります。そばかすはもちろん、ニキビなどの改善・予防にも効果的です。

価格 2000円
評価 評価5
備考 L-システイン240mg!高含有!

 

ロスミンローヤルの特徴

ロスミンローヤルは、そばかすだけじゃなく小ジワにもアプローチする国内唯一の製品になります。そばかす以外に小ジワに効く理由は、原因となる血行不良を改善する22種類もの有効成分を配合しているから(内9種類の生薬)。もちろん、L-システイン、ビタミンCなどそばかすを消す成分も含まれます。

価格 3800円
評価 評価4
備考 生薬22種類配合!

 

マスターホワイトの特徴

マスターホワイトは、体の内側から最高の透明感、明るさをもたらす最強美白サプリメントになります。最先端のエイジングケア成分、プロテオグリカン・アスタキサンチン・L-シスチン・シルクなどをはじめ合計16種類プレミアムな美容成分を配合しています。

価格 6480円
評価 評価4
備考 美白成分多数配合!
マスターホワイトの総評

当サイトから今なら特別価格の購入が可能!さらに、薬用美白オイルバームも付属します!

 

そばかすは紫外線対策も重要なポイント

 

そばかすは原因を対処し新たなそばかすを発生させないようにする予防と、できたそばかすが速やかに薄くなるように働きかける治療をセットで行うことが重要です。とはいえ、できる前から十分に対策をとり予防に努めることでそばかすができない状態を維持できれば、それに越したことはありません。

 

そばかすの原因となるメラニン色素の沈着は加齢や普段の生活習慣が原因で起こってしまうこともありますが、一定以上の紫外線によるダメージを受けるとかなり高い確率でそばかすの元ができてしまうため、そばかす予防のためには紫外線対策は確実に行いたいところです。

 

そばかすやシミは何かと嫌われ者ですが、その実態は体の防衛反応です。メラニン色素によって色が濃くなった部分は紫外線を内部へと通過しにくいため、紫外線をある程度以上受けて肌がダメージを受けると、それを再び繰り返さないようにとメラノサイトというメラニン色素を生成する細胞が大量にメラニン色素を放出し始めます。

 

そばかすもシミも、他の色素沈着による肌トラブルすべてはこのメカニズムによって起こりえるものです。したがって、メラノサイトがこのようにメラニン色素を大量に生成する必要が無いよう、紫外線対策を行う必要があるのです。

 

メラノサイトはそれほど肌の奥底に位置するわけではないため、浸透性の高い長波長紫外線(UVA)よりも浸透性が低い代わりにエネルギーの強い中波長紫外線(UVB)の方がメラノサイトは強く反応します。どちらも肌に悪いものですのでUVA対策はいらないというわけではありませんが、そばかす対策にはUVBをしっかりカットできるUVケアグッズが必要です。

 

そばかすを消す飲み薬もある?

 

そばかすは化粧品によって改善していくのと同時に、栄養素を補給して内側から改善していくことも重要です。そのためには日々の食生活の改善が重要ですが、より効率的に改善するため薬を併用するという方法もあります。

 

そばかすの治療効果を謳う薬の実態はビタミン剤+アルファであり、メインの有効成分はビタミンCとL-システインです。具体的な商品名としてはハイチオールCが最も有名です。

 

ビタミンCは非常に多機能な栄養素で、肌や粘膜のお手入れから抗酸化物質として活性酸素の害から体を守るなど、体の各部で様々な働きを行います。そしてメラニン色素に対する働きもあり、肌の奥で長い間滞留しているメラニン色素を薄くしたり、排出を促したりしてくれます。

 

また単純に肌細胞の状態を整えてくれるため、ターンオーバーを改善し自然にメラニン色素を排出する能力を高めるという面でも役立ちます。

 

また、L-システインはより沈着した色素対策に特化した栄養素であり、またメラニン色素の生成自体を抑制する働きもあります。さらにビタミンCとともにコラーゲンの生成にも関わるため、張りのある肌を実現するなどそばかす対策以外の美容効果も得られるとあり、美容には欠かせない栄養素といえるでしょう。

 

ハイチオールCなどを服用することによるそばかす治療効果は確かなものですが、メカニズム上どうしても効果が現れるまでには時間を要します。したがって薬の服用は基礎的な対策の一つとしてとらえ、早急に濃いそばかすを治したい場合は皮膚科で診てもらうのが得策です。

更新履歴